078-453-4188

【診療時間】月~金 9:00~12:00/14:00~19:00
休診 日・祝 土9:00~12:00/午後休診

24時間受付中 WEB診療予約

歯のない人は寝たきりになりやすい?

歯のない人は寝たきりになりやすい?

歯のない人は寝たきりになりやすい?

歯科金属アレルギー治療の神戸市東灘区の吉川歯科医院です。

「虫歯や歯周病で歯を失ってしまった人は、老後寝たきりになりやすい」という統計結果をご存知でしょうか。若いころから歯を大切にしてできるだけ歯を残すことが、老後の幸せにもつながるというお話です。

統計的にみると、歯を失った人はそうでない人に比べて、寝たきりになる確率は10倍、アルツハイマーになる確率は4倍高いといわれています。

また、日本歯科医師会が勧める「8020(ハチマルニイマル)運動」(「80歳になっても20本以上、自分の歯を残しましょう」という運動)のなか で行われた調査では、お年寄りの歯がどれだけ残っているのかということがわかりました。つまり、残っている歯の数が多い人ほど、医療費が安かったのです。

ちなみに、兵庫県歯科医師会が高齢者を対象に行った調査では、残存歯数20本以上の人と、まったく歯のない人では、1ヶ月の医療費に1万5000円もの差がありました。

歯は健康のバロメーター。歯を失ってしまうと、健康を維持している生理活動の一部がくるってしまうので病気になりやすいのです。それが、この統計結果に現れていると思います。お口の健康、おろそかにはできませんね。

戻る

院長コラム