078-453-4188

【診療時間】月~金 9:00~12:00/14:00~19:00
休診 日・祝 土9:00~12:00/午後休診

24時間受付中 WEB診療予約

ウソッ!歯がかゆみの原因?知らなかった歯科金属アレルギー

ウソッ!歯がかゆみの原因?知らなかった歯科金属アレルギー

ウソッ!歯がかゆみの原因?知らなかった歯科金属アレルギー

歯科金属アレルギー治療の神戸市東灘区の吉川歯科医院です。

湿疹が出来て痒くなったとき、口の中に原因があると考える人はまずいないでしょう。
ところがなかなか治らない皮膚疾患のなかに口の中の金属(歯に詰めたりかぶせたりした金属、入れ歯の金具、矯正装置など)に原因がある場合があります。
これを歯科金属アレルギーといいます。
接触している部分に症状が出る一般の金属アレルギーとちがい、その症状が口の中に限らず全身のどの部分に症状が出るかわからないのが厄介なところです。
これは唾液や飲食物の水分で口内金属の金属イオンが溶出し、吸収され、血流にのり全身にまわるからです。
代表的なものに掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)があります。手のひら、足のウラにニキビのようなブツブツが出来て、ひどくなると痛くて立てない、歩けないということもある病気です。
慢性の扁桃炎や病巣が原因のひとつとされてきましたが、歯科金属アレルギーも大きな要因として認められるようになってきました。
ただ医学的に因果関係が証明されているわけではなく、たまたま口内金属を外したら良くなったという現実が多く報告されているということなのです。
なんらかの症状があり検査してみたら金属に対してアレルギーがあった、そしてその金属が歯の詰め物の中に入っていた、だから口内金属を外した、そうしたら治った、となればそこではじめて歯科金属アレルギーだったということが判明するわけです。
最初から歯科金属アレルギーと診断することはできないのです。
口内金属を外して改善した症状には、湿疹・イライラ・不眠・微熱・肌荒れ・自律神経失調症・慢性疲労などがあります。

詳しくは http://www.yoshikawa-dental.com をご覧ください。

戻る

院長コラム