金属アレルギー歯科治療なら吉川歯科医院 > 歯が抜けてしまった ~インプラント治療~

抜けた歯をインプラントで補いたい

歯を失った患者様のこういったご要望にお応えする治療が「インプラント治療」です。人工歯根を顎の骨に直接埋め込むことでしっかりと固定され、見た目も自然に整えることができます。

従来のブリッジ

従来のブリッジ

インプラント

インプラント

従来の入れ歯

従来の入れ歯

インプラント

インプラント

インプラント治療について

「インプラント治療」とは、歯を失った部分にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を取り付ける治療法です。失った歯を補う方法としては入れ歯がポピュラーですが、インプラントは入れ歯のような取り外し式ではなく、しっかりと骨に固定されるため、本物の歯と変わらないかみ心地が得られます。また、人工歯はセラミック製のものが使われるため、自然に仕上がることも特徴です。

入れ歯の場合は顎の骨への刺激がなくなるため、顎の骨は少しずつ痩せて、入れ歯が合わなくなってきます。しかしインプラントは顎の骨にしっかり刺激を与えるため、こういったデメリットはありません。

入れ歯とインプラントの違い

インプラント 入れ歯
  • 見た目が自然
  • 顎の骨で固定する
  • 保険が適用できない
  • 治療期間が長い
  • 発音への影響がない
  • 素材によっては目立つ
  • 周りの歯や組織で固定する
  • 素材によっては保険が適用できる
  • 治療期間が短い
  • 発音に影響が出ることがある

治療例

全歯欠損

治療後のレントゲン写真

治療後のレントゲン写真

治療後の写真

治療後の写真

1歯欠損治療

1歯欠損治療写真

治療後の写真

インプラント・審美歯科 併用

インプラント・審美歯科 併用写真

治療後の写真

※全身状態や顎骨の状態により、インプラントができない場合もあります。
詳しくはレントゲン等で診査しますのでご相談下さい。

当院でのインプラント治療

認定医が担当します

認定医

当院では、ICOI(International Congress of Oral Implantologists:国際口腔インプラント学会本部)の認定を受けた専門医がインプラント治療を行います。豊富な経験と実績がありますので、安心してお任せください。

ご希望によって全身麻酔を行います

当院では、麻酔科の先生の協力を得て、インプラント手術の際に全身麻酔(静脈内鎮静法)を行っています。静脈内鎮静法とは、ほとんど眠った状態になり、痛みや恐怖をほとんど感じなくなる麻酔法です。麻酔医が付きっきりで全身状態を管理するため安心です。
※別途料金がかかります。料金に関してはお問い合わせ下さい。

金属アレルギーでも心配無用

インプラント治療では、金属アレルギーの心配がない高純度のチタンを使用しています。ただし、まれにチタンアレルギーがある方もいらっしゃいます。当院では、チタンアレルギーがある方には、金属を使わない方法をご提案しています。

 

  • 症例紹介
  • メディア紹介

診療時間

診療時間

駐車場有。お車でもお越しください。

要確認

078-453-4188

地図を表示するにはブラウザの設定でJavaScriptをオンにしてください。

阪神電鉄 青木駅 山側徒歩3分
JR 摂津本山駅 南口徒歩10分
阪急神戸線岡本駅下車 南口徒歩15分